200年で7つの旗がつかわれている、国旗から見るシンガポールの歴史

シンガポールにラッフルズが上陸したのが 1819年。その 200年後が昨年 2019年でした。昨年は SG Bicentennial ラッフルズ上陸 200周年記念イヤーとして年間を通して、様々な記念イベント、シンガポールのこれまでを振り返る歴史的要素の高いイベントなどが多数ありました。

 

今年はシンガポール独立55周年。1819年から数えて201周年。この 201年の間、今のシンガポール国旗になるまで使われた国旗は7種類。国旗変遷から見るシンガポールの歴史を見てみます。

 

【1819年~1826年】

イギリス東インド会社の社旗

* 社旗画像参照元

1819年東インド会社の社員としてラッフルズがシンガポールに上陸し、シンガポールを自由貿易港として切り拓いたのは誰もが知るところ。近代シンガポールの歴史はここから始まります。

 

同時期、東インド会社の社旗とともに、宗主国イギリス国旗も使われていました。

* 国旗画像参照元

 

【1826年~1942年、1945年~1946年】

海峡植民地旗

* 海峡植民旗、海峡植民国章ともに参照元

イギリスによるマレー半島の主要貿易拠点 ペナン、マラッカ、シンガポールの 3都市を1つの行政地域とし、海峡植民地として管轄していました。

 

海峡植民地時代の国章が、皆さまもよくご存じ フラトンベイホテルに今も残っています。フラトンベイホテルは 1933年に開港した Clifford Pier で、まさにあのホテルの場所が港湾貿易の玄関口として使われていました。フラトンベイホテルの正面入り口のポールの下に海峡植民地の国章を見ることができます。他にマレー鉄道のタンジョンパガー駅でも同じ国章を見ることができましたが、タンジョンパガー駅は廃止となった後、現在は立ち入り禁止になっています。(歴史的建物として再開発の予定)

 

 

海峡植民地国章

国章の盾の中に4つの地域を表すエンブレムがあり、(左上)シンガポール、(右上)ペナン、(左下) マラッカ、(右下)ラブアン、を表しています。ラブアンは東マレーシア(ボルネオ島)の一部で、3都市より後の 1912年に同じ海峡植民地として管轄に入りました。

 

【1942年~1945年】

日本の国旗、大日本帝国軍旗(旭日旗)

* 国旗画像参照元(両方とも)

日本がシンガポールを占領していた約3年半に及ぶ期間使われていた2つの旗。日本軍占領時、マレーシアと共にシンガポールは当時の日本時間で、現地時間より 1時間半早めて日本時間を採用していました。

 

【1946年~1959年】

海峡植民地旗

* 海峡植民旗(戦後)画像参照元

第二次大戦後、日本の占領から再びイギリスの植民地下に戻ります。

 

【1959年~現在】

現在と同じシンガポール国旗は 1959年12月、シンガポールが自治州となった時に制定されました。この時シンガポール国旗、シンガポール国章、シンガポール国歌の3つが同時に誕生しました。

* 国旗画像参照元

 

【1963年~1965年】

現在のマレーシア国旗

* 国旗画像参照元

1つ前の 1959年 シンガポール自治州となった後、1963年にマレーシアと合併し、マレーシアの中のシンガポール州として独立します。この間は 2つの旗が使われていました。

 

【1965年】

マレーシアの一州として機能したのは わずか 2年だけ。2年後 シンガポールは絶望の中で独立し、1965年から改めて現在と同じシンガポール国旗となります。


 

こうして旗だけを見るだけでも目まぐるしい激動の歴史が伺えます。

 

☆ 今日の記事は、2019年8月9日 昨年のナショナルデーの日の Straits Times 新聞で紹介されていた国旗についての記事を参考に作成しました。1年間保管してあったので紙面が少し黄ばみ始めパリパリになってきました。

 

バナーをクリックで応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
イラスト提供 Instagram @singapolah

右上角の赤いメニューから、読者登録ページで Email アドレスを入れて頂くと、ワードプレスのシステムより記事が更新された時に、お知らせが届きます。アメブロの読者登録機能と同じです。どうぞご利用ください。