中澤 めぐみ プロフィール

中澤 めぐみ

横浜出身。日本体育大学卒業。


中、高、大と陸上部でアスリートとして中長距離に専念していました。専門種目 主に 800m、1500m、3000m。
全日本インターカレッジ、全日本大学女子駅伝出場など。

日体大の学生は大学卒業後、体育教員、スポーツに関わる道に進む人が多い中、スポーツとは全く関係ない一般企業に進みました。

社会人5年目で仕事を辞め、2000年初めから 2001年後半、1年半に渡って 世界各地を旅して、主に中東各国で半年、南米各国で半年を過ごしました。その時を含めこれまでに訪れた国は50数ヶ国。当時はただ世界を見たい想いであちこちを旅しましたが、この時の経験は確実に今に繋がっています。

2004年、独身のときにシンガポールへ。海外で仕事をすることに挑戦したくて仕事を求めてシンガポールへ。シンガポールに行きたかったのではなく、海外就職の道を探っていたときにご縁があったのがシンガポールでした。

日本、シンガポールを通して、電子部品、半導体の営業職、カスタマーサービスに従事。シンガポールでは現地採用で日系企業、外資系企業で 電子部品、半導体の営業として働いていました。

シンガポールに来てから3年後、シンガポール人の夫と結婚。2009年娘を出産。

妊娠中にどうやら娘の体に異常がありそうだということが分かり、それを機に仕事を辞めました。娘は元気に産まれてきましたが、身体がなかなか大きくならない生まれつきの骨の病気を持っていて、今でも体はひときわ小さいですが、同じ年の子たちよりは小さいだけで、とても元気です。これも個性だと思えるにはある程度の時間がかかり、娘のことも、自分のことも、とても悩みました。娘のことで自分を責めたことも多々。

自分がこれからどうしたいのか分からず、何をしたいのかも見つからず、長い間もやもやと過ごし、娘が3歳になる頃まではいちばん苦しい時でした。

もがきながらもシンガポールで 結婚、出産、育児、マイホームを持つといった大きなライフステージの数々をシンガポール人の夫、夫の家族と過ごしていく中で

シンガポールとは?
シンガポール人とは?



何よりも強く感じ
何よりも考えさせられ
常にシンガポールについて問い続けてきました。

そして
シンガポールに
シンガポールの人たちに
いつも学び、教えられてきました。

シンガポールは短期間で急速に発展し、目に見えるもの、外側にできたものは 大きく変わりましたが、私のこれまでの15年程のシンガポール生活でいちばん強く感じているのは、シンガポールの本質はずっと変わっていないことです。そんな想いから、シンガポールの表面に見えるものではなく、日常生活からはなかなか見えにくい、シンガポールのコアにあるものを伝えたく、シンガポールを伝える活動をしています。

いつもシンガポール人と一緒に生活し、シンガポールの人が日頃どのように感じ、考えているのかを、自分のことのように感じつつも、日本人としての視点を通して見た、独自視点での当ブログは多くの方から好評を頂いております。

2019年 その想いが高じて、シンガポール観光局公認 観光ガイド資格も取得いたしました。

シンガポール人の夫と現地校に通う小学校5年生の娘と3人でシンガポール北東部 Sengkang 地域で暮らしています。
—————————-

<主な資格>
ABNLP 全米NLP協会公認 NLPプラクティショナー(2014 シンガポール)
SAF(Singapore Armed Forces)ボランティアユニット ボランティア隊員 (2015~)
一般社団法人 日本プロセラピスト養成協会 プロセラピスト養成講座修了(2016 東京)
シンガポール公認観光ガイド (2019 シンガポール)

—————————-