世界経済フォーラム開催延期による影響はあるのか?

5月シンガポール開催で予定されていた WEF 世界経済フォーラム (ダボス会議) は、8月17~20日に延期と発表されました。

Straits Times ニュース記事

 

シンガポールで WEF 開催が実現すると 1971年発足以来アジアでの開催は初めて。今年はヨーロッパでのコロナ感染が収まらない事、シンガポールの感染が抑えられていること、感染に関する管理ができていることから、シンガポール開催に至りました。

 

ニュースによると、今回の延期はシンガポール都合ではなく WEFリクエストによるもの、世界的なコロナ事情によるもの。隔離に必要な日数、出発前検査など、各国で運用方法が異なるために、世界中からの参加者への諸々の手配、調整が困難になっているという理由から。

 

私はこの延期ニュースを見た時、最初は「むむむっ…」といった感じでした。でも延期を打診されたら断る選択はないでしょうし、あーだこーだ言っても仕方ない。さっさと新しい日程を決めたら、そこに向かって何ができるかを考え、最善の状態で臨むのがシンガポール流。

 

シンガポール政府はこの国際会議開催を常に見据えてとなると、より慎重にならざるを得ない面があるのは事実で、コロナ対策にどれぐらい手堅い策をとってくるかになるかはちょっと気になるところです。

 

ただ 5月から8月 と3ヶ月のズレは結果的に大差ないようにも思いますし、シンガポールではより準備に時間をかけられる、国民へのワクチン接種が始まったばかりなので接種効果のデータを見られるなど、延期による利点も大いにありそう。最悪 WEF 中止のシナリオも可能性なくはないですね。(今年はもともとハイブリッド開催の内容になっているようですし、中止であれば全面的オンライン開催は可能だと思います)

   

会議の開催自体で庶民に大きな影響はないでしょうけれど、WEF が8月に無事開催されれば、何か新たな転換期になるような気がしたので、この延期ニュースは記録に残しておこうと思いました。

 

バナーをクリックで応援お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
イラスト提供 Instagram @singapolah

右上角の赤いメニューから、読者登録ページで Email アドレスを入れて頂くと、ワードプレスのシステムより記事が更新された時に、お知らせが届きます。アメブロの読者登録機能と同じです。どうぞご利用ください。